WCPFCマグロ増枠「NO」は資源管理考える試金石

2018年9月14日

 「時期尚早」-。4~7日に福岡市で開かれた中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)北小委員会は、日本の増枠提案に「NO」の判断を下した。「資源の回復を最優先し、不安材料が残れば管理の緩和はすべきでない」という考えがはっきり示された。この結果をもう一つ、国際的な資源管理の一面に接する機会になったと考えてみるのはどうだろうか。[....]