SANRIKU売り込み ブランド輸出PTが東南アジア5カ国で営業へ

2016年6月14日

 青森、岩手、宮城3県の水産食品製造関連企業が結成した「SANRIKUブランド水産物輸出プロジェクトチーム」(PT、会長・阿部泰浩阿部長商店社長)はフィリピン、タイ国、インドネシア、マレーシア、シンガポールを訪問、三陸水産物の市場拡大と輸出振興を目指し営業活動に乗り出す。

 第1回訪問に参加するのは阿部会長のほか青森、宮城などの企業幹部や事務局の流通研究所の担当者ら7人。2か国・6社を20~22日に訪れ、量販店やジャパニーズレストランを回って店舗幹部と商談、各店の水産食品販売コーナーを中心に見学する。第2回は阿部会長と岩手、宮城の企業幹部ら8人が7月4~7日に残る3か国のスーパーなど3社に売り込む。いずれも日本から持ち込むサンプルを提示して商談を行い、東南アジア市場拡大と定着化に向けた活動の第1弾をスタートさせる。[....]