MSCが認証基準見直し、流出漁具やサメ投棄など追加

2019年2月5日

 海洋管理協議会(MSC)はこのほど評議員会で、漁業認証基準の見直しに向け16項目を設けることを決めた。①ゴーストフィッシング(海洋に流出した漁具などが生態系に悪影響を与える)で問題となる漁具②低次栄養段階種(生態系ピラミッドの下位に位置する魚種)③シャークフィニング(サメのヒレを取って胴体は投棄)④絶滅危惧種・保護種(ETP)-などが見直し対象となった。[....]