JF全漁連など「里海シンポ」、500人沿岸再生誓う

2018年2月14日

「沿岸漁業の多面的役割」を確認したトークセッションでの論議

 公開シンポジウム「漁師と市民がつなぐ海・川・森-里海保全の最前線」(主催・JF全漁連、全内漁連、全国豊かな海づくり推進協会、水産土木建設技術センター、㈱水土舎)が10日、東京・晴海の第一生命ホールで開かれた。漁業者や藻場・干潟再生に取り組む関係者ら約500人が参加し、沿岸地域の再生を議論した。[....]