FAO「小規模漁業にも焦点」、水産事務局次長シンポで

2016年7月21日

 日本財団「海の日プロジェクト」の一環として、都内で19日に開かれた国際シンポジウムで、国連食糧農業機関(FAO)のアーニー・M・マッティエセン水産・養殖局事務局次長は、「小規模漁業における資源回復について来年のフィジーの漁業委員会で取り上げる」ことを明らかにした[....]