正社員募集中

DAP情報/19年ベ海スケソウ140万トン、メヌケ増枠もホッケ減少

2018年12月27日

 北太平洋漁業管理委員会(NPFMC)が先頃決定した2019年のベーリング海・アリューシャン海域およびアラスカ沖底魚管理計画(DAP割当)によると、べ・ア海域のスケソウ漁獲枠は139万7000トンで、前年比2%の増枠。アラスカメヌケが18%増の4万4069トンとなった一方で、上限規制により、ホッケ(5万7951トン、18%減)、マダラ(18万689トン、11%減)、アラスカアブラガレイ(8000トン、41%減)などが減枠された。

「米国DAP2019年のアラスカ湾底魚枠と2020年計画」「米国DAP2019年のベーリング・アリューシャン海域底魚枠と2020年計画」本紙参照[....]