CAS食品で仏に合弁、アビー有力企業グループと連携

2016年12月13日

 アビー(千葉県流山市、大和田哲男社長)はCAS(細胞を生かす技術)を使った食品を世界へ販売する合弁会社をフランスに設立することで、現地の有力企業グループ「OCEINDE」(オセアンド、本部・パリ)と合意した。アビーと同グループが50%ずつ対等出資する。合弁会社名、事業計画などが最終的にまとまり、具体的な活動がスタートするのは年明けになる。[....]