AIで魚の目利きも自動化へ/松尾豊東大准教授が講演

2017年10月12日

 農林水産省主催の「アグリビジネス創出フェア2017」が4~6日に、東京ビッグサイトで開かれ、東京大学大学院の松尾豊特任准教授が「人工知能のアグリビジネスにおける可能性」をテーマに講演。「人工知能(AI)が画像認識という目と習熟する技術をもったことで産業の自動化を激変させる」「特に、目がないことで遅れていた農業や食品加工の分野の自動化は、想像できなかったような変化をもたらすだろう」と展望した。[....]