<TAC20年・資源管理の成果と課題?>成子隆英・全まき副会長

2015年10月8日

 サバ類やイワシ類など多獲性浮魚の漁獲に最も適する漁法として、大中型まき網漁業がある。これらの供給のいちばんの担い手ともいえるが、一方でその漁獲能力の高さから、資源への影響も指摘されてきた。全国まき網漁業協会(全まき=相澤英之会長)が取り組む、資源管理と安定供給の両立に向けた方策について、成子隆英副会長(北部太平洋まき網漁業協同組合連合会会長)に[....]