正社員募集中

<IWC脱退関係者の声>下関市長ら脱退やむを得ない

2018年12月28日

 日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)の脱退を正式に表明したことを受けて、前田晋太郎下関市長をはじめ関係地方自治体の首長や関連団体、学識者やアイスランドの捕鯨企業などが一斉に声を上げた。特に自治体からは理解を示す意見が占め、今後の商業捕鯨再開を期待する発言が相次いだ。[....]