<魚の“価値”を届ける>水産物流通を語る、記者座談会

2020年1月1日

 日本の漁業は、今年施行の改正漁業法を通じて資源管理を強化する方向にかじを切る。ただ、その取り組みが将来的に効果を上げ生産量が回復しても、それを国民に届ける流通も変わらなければ意味がない。改正漁業法施行に先駆け今年6月に改正卸売市場法が施行され、水産物流通の中核的存在の卸売市場が転機を迎える。どうしたらよりよいものになるのか、最前線で取材活動する記者で議論[....]