<高知の水産業⑦>漁と加工、双方が主役

2018年9月21日

 そばやうどんだしに使われるソウダ節はマルソウダ(メジカ)を原料にした節で、土佐清水市は全国の約8割のシェアを誇る。漁業と加工業が融合してできたソウダ節産業だが、漁業者は高齢化・後継者不足など転換者が相次いだ。水揚量が減少し浜値は高騰。40軒あった節加工業者は3分の1に減った。双方の課題を解決するため市は「土佐清水メジカ産業再生プロジェクト」を立ち上げた。[....]