<食にまつわる4展示会>14日から幕張メッセで開幕

2018年2月8日

スーパー・小売業関係者を筆頭に多数の来場者を集めた昨年の「スーパーマーケット・トレードショー」

スーパー・小売業関係者を筆頭に多数の来場者を集めた昨年の「スーパーマーケット・トレードショー」

 52回を迎える「スーパーマーケット・トレードショー」。企業の単独出展だけでなく、継続してテーマに掲げているメインテーマ「“創”ニッポン」のもと、全国各地の自治体や金融機関が取りまとめた共同出展スタイルが定着。出展者数の4分の3に当たる1510社の地域色豊かなメーカーが参戦する予定。海外からも14か国、73社・団体、150小間が参加し、彩りを添える。

 2月14~16日に千葉市の幕張メッセ全館を会場に、食にまつわる4展示商談会が集まった「FOOD TABLE in JAPAN2018」が開かれる。中核となる「第52回スーパーマーケット・トレードショー2018」には2025社・団体、3448小間(17年11月14日現在)が出展予定。注目企業と各展示会のみどころを紹介する。[....]