<貿易特集・輸出>主力魚不振、好漁のサバ”救世主”

2017年2月22日

 わが国が昨年に輸出した水産物は、全部で53万7378トン、2638億2900万円で、前年に比べると数量は3・4%、金額では4・2%ともに減少した。年前半に円高傾向が続いたのが影響した。“トランプ効果”による急速な円安で輸出環境が整って以降は急回復したものの、年計では前年に届かなかった。そんな中で、サバの増産は朗報。銚子沖で好漁が続いたサバは21万トンと近年の輸出記録を更新した。[....]