<被災地は今/千葉>南海トラフ地震対策の重要性

2016年3月11日

 千葉県内で最大の被害を受けた旭市飯岡地区では、漁港関連施設や漁船の多くが破損などの被害を受けた。旭市役所のまとめによると、漁船関係は転覆・沈没・陸上打ち上げなどで85隻(被害額2億6000万円)、水産加工関係11施設(25億170万円)の被害を[....]