<第18回シーフードショー>注目の企業紹介

2016年8月12日

 「第18回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」(主催・大日本水産会)が17日から開催される。8月12日付「日刊水産経済新聞」に取り上げた注目の出展企業を紹介する。

▽4P アラスカシーフードマーケティング協会、ノルウェー水産物審議会、▽5Pスコットランド国際開発庁、アグロスーパー、セネガル国漁業・海洋経済省▽6P ノースイ、かねふく、大勝フーズ▽7P カマンチャカ、遼寧省大連海洋漁業集団公司、True World Japan

▽8P 横浜冷凍、ふく太郎本部、アイステーション▽9P トライデントシーフード・ジャパン、日かつ漁協/促進会、ブルーリンク、日本ノヴェリカ▽10P JF長崎漁連、ながさき“しまねこ”プロジェクト、対馬水産、ミツイ水産、▽11P クニヒロ、JF大阪市漁協、玄洋社、佐政水産

▽12P 小野食品、ニチモウ/ニチモウフーズ/はねうお食品、徳島魚市場、渡會▽13P 木村アルミ箔、鮑屋、海洋管理協議会(MSC)、日本郵便▽14P マツイ、東洋水産機械、Unifiller Japan、▽15P ツネザワグループ、泉井鐵工所
▽16P アイスマン、フィレスタ販売、▽17P GSK、中村産業(NASCO)、▽18P 大和製衡、北陽、三菱伸銅▽19P 高砂熱学工業、クールドライマシナリー、モリタホールディングス、東京食品機械[....]