<福島の水産>菊池昌博・JF相馬双葉副組合長/高船齢船と後継者対策

2020年1月16日

 沖合底びき船23隻でつくる相馬地区沖合底びき網部会が今回の事業に着手した発端は、試験操業でいまだ東日本大震災前の水揚げの25%しかない中、30~40年の高船齢の船や、震災後に着業した約20人の若い後継者を何とか助けたいという強い思いだった。[....]