<流通・小売[こぼれ話]>付加価値上げても必要以上に値は上げない

2016年6月13日

 近年の魚の消費は下げ止まった感があるが、大きなトレンドからいえば「日本の消費者は食事のメーンが魚から肉へと移っていることは間違いない」と話すのはある大手小売店関係者。「単純に魚価の問題。年収300万円の人に毎日(肉より単価の高い)魚を食べて、は無理な話」。そうはいっても、匙を投げたわけではない。[....]