<新春座談会>成長産業化へ道筋、政官民トップ語る②

2018年1月5日

◆白須会長/日本の水産物は、品質の高さやおいしさに定評があり、加えてHACCP、日本初のエコラベのMELを取得すれば持続可能性に国際的なお墨付きが得られ、輸出にも役立ちます。20年の東京五輪の食材にMEL認証を取得した水産物を提供できるように、努力したいと思っています。[....]