<新年特集・青森の水産②>八戸、次世代の加工指す

2018年1月10日

 八戸市によると、八戸港の2017年の水揚高は9万9972トン(前年比1%増)、200億円(15%減)となった。船凍スルメイカの減少をサバやマイワシが補う格好となったものの、平均単価が低下し金額では前年を下回った。生産動向と原魚不足や高値に直面する加工業者の動向をまとめた。[....]