<新年カツオマグロ特集>世界の漁場確保は依然厳しく

2017年1月13日

 平成29年漁期のマグロの入漁交渉は、海外まき網漁業が一日一隻当たりで支払うベッセル・デイ(VD)による入漁料が実質1万ドルを超える厳しい状況に変わりがない中、ナウル協定加盟国(PNA)8か国のうち4か国で使えるプール制に新たに参加した。従来の入漁方式からVD導入への過渡期を迎えているはえ縄漁業では、生鮮マグロはえ縄船はパラオとミクロネシアでVDに合意した。[....]