<年頭会見>川口恭一JAFIC会長/沿岸で衛星データ活用へ

2018年1月18日

 漁業情報サービスセンター(JAFIC)の川口恭一会長は16日、東京・豊海の同センターで年頭会見を開いた。昨年末に気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)が打ち上げられたことで、「沿岸漁業にも高解像度の衛星データが提供できるようになる」と期待を込めるとともに、「予測情報のニーズが高まっている。蓄積したビッグデータを漁場予測の実用化につなげたい」と展望を語った。[....]