<年末会見>大谷邦夫ニチレイ社長、中計最終利益達成

2018年12月13日

年末会見する左から大谷ニチレイ、大櫛ニチレイフーズ、金子ニチレイフレッシュ、梅澤ニチレイロジグループ本社の各社長
クリックで画像を大きく表示します

年末会見する左から大谷ニチレイ、大櫛ニチレイフーズ、金子ニチレイフレッシュ、梅澤ニチレイロジグループ本社の各社長

 ニチレイの大谷邦夫社長は11日、都内の本社ビルで年末会見を開き、「低温物流や畜産が全体を牽引する中、足元の大きなリスク要因は考えられないが、人手不足対応など意識しながら売り上げ確保をしていきたい」などと述べた。

 ニチレイの事業会社3社の社長も同日記者会見し▽大櫛顕也ニチレイフーズ社長は「中計の3つの重点課題に取り組み、引き続き新しい需要創造やブランド価値向上などに向け取り組みたい」。▽金子義史ニチレイフレッシュ社長は「新工場の活用など自社製造と高付加価値商品の拡大をキーワードに強化していきたい」。▽梅澤一彦ニチレイロジグループ本社社長「下期もコスト上昇に対応し適正料金の収受など粘り強く対応したい」と、それぞれ語った。[....]