<女性のチカラ>山村佳代子・山村食品(株)社長/家業のイカ屋を守る

2016年6月7日

 昨年12月、祖父母が創業したイカ加工専門の山村食品(株)(東京都墨田区)の社長に就任した。生まれたときから“イカ屋”の娘で、イカのにおいが充満する加工場の2階で育った。亡くなる直前の祖母に誓ったことは「会社はつぶさない」。この約束を胸に、家業を守り抜く。

 経理から社長に転身し、70人の従業員への責任を負うことになった。就任直後、工場長や副工場長から「僕たちが守ります」と声をかけられた。「男性の社長には『ついていきます』と言うかもしれない。『守ります』も『ついていきます』も、同じ意味だと思う。とてもうれしい言葉だった」。

 内勤だったため、外に出て取引先に顔を覚えてもらうことから始まった。ゼロからのスタートで大変だったが、男性が多い業界で女性は目立つ存在。初対面の相手がオープンに話しかけてくれるメリットはある。とはいえ、その先は厳しい仕事の世界。「働くうえで、男性も女性も関係ない」。[....]