<太平洋クロマグロ全国会議>意見交換/産卵期規制めぐり議論

2015年8月31日

Q(長崎県沿岸漁業者)/漁獲がないと仮定した場合の資源の3・6%まで減っているのに、危機的な状況ではないのか。
A(宮原正典農林水産省顧問)/資源が低いことは間違いない。ただし、米国提案の基準となっている「漁獲がないと仮定した場合の資源」とは、これまで資源があったかのように見せるレトリックの[....]