<大阪本場開設85周年・特集②>関係者が今後の抱負

2016年12月9日

 樋口真一・大阪市中央卸売場場長/大阪市中央卸売市場本場は、開設以来市民生活に欠かすことのできない安全で安心な生鮮食料品を適正な価格で安定的に供給する重要な役割を果たしてきました。西日本最大の取扱高を誇る本場発展の基礎を築かれ、市場運営の推進に多大なご尽力をいただいた市場関係者の皆さま、産地、出荷者、小売業者の皆さま、消費者の皆さまに心より感謝申し上げます。[....]