<商材シリーズ/カツオ>勝浦・気仙沼など主要産地動向

2019年5月15日

初ガツオシーズン(4~6月)の水揚げが日本一の千葉・勝浦港は、昨年近海一本釣り船によるカツオの水揚げが3年ぶりに年間1万トンを超え、今年も出荷のハイシーズンを迎え、高鮮度のカツオを続々とマーケットに送り出している。22年連続で生鮮カツオの水揚げ日本一の記録を更新し、国内屈指の産地として知られる気仙沼港でも、5月14日に今年の初水揚げ。[....]