正社員募集中

<商材シリーズ・ノリ>JF佐賀有明海のブランド戦略

2017年2月3日

「佐賀有明海苔(R)」ブランドの製品がそろう漁協は直売所「まえうみ」

 JF佐賀有明海は平成19年に香りや口どけなど7項目の基準を満たしたものだけに与える「佐賀海苔(R)有明海一番」をブランド化。その名の通り、秋芽網と冷凍網の一番摘みの中から、タンパク計・食感測定器など7項目について審査し、最後に難しい試験をパスした食味検査員による試験審査で認定される。厳しい審査基準のため、認定されるのは、1万枚に3枚以下という希少なノリ。

 干満差が大きく、豊富な栄養塩を有する有明海で生産しているので、ノリの香ばしい香りと口どけ、甘みが特徴。ツヤのある黒紫色をしており、火で炙(あぶ)ると一瞬で鮮やかな緑色に変わる。

 漁協は直売所「まえうみ」を運営しており、「佐賀海苔(R)有明海一番」をはじめ、佐賀有明産の新ノリや人気の「佐賀丸」など佐賀産のノリ製品を豊富にラインアップしているほか、有明海玄海の水産物なども販売している。単品販売のほか、店内の製品を買う人の好みに合わせて贈答用に詰め合わせるサービスも人気で、店舗で宅配も受け付けている。また、家庭でもおいしい焼きたてノリを楽しんでもらおうと、家庭にあるトースターでノリを焼く方法なども教えてくれる。

 直売所は漁協の斜め向かいに位置し、駐車場スペースも充実しており遠方から買いに来る人も多い。

 製品は漁協の連結子会社の「サン海苔」でも扱っている。板ノリや味付けノリなど通信販売を行っているほか、ギフト商品や業務用製品の販売、OEMも受け付けている。食育関連では、「海苔の日」に合わせて、県内のすべての小学校と特別支援学校に「佐賀海苔(R)」を贈呈している。[....]