正社員募集中

<コールドチェーン・シリーズ>食を支える低温物流/J Link

2016年4月11日

 日本航空は羽田空港を拠点とした航空ネットワークを活用し、魚介類など生鮮品の輸送量を伸ばしている。平成27年の魚介類輸送量は、25年の約1・7倍に増加。世界的な和食ブームも重なり、航空便による鮮魚輸送はさらに拡大すると思われる。豊富な国内線とさらなる充実が見込まれる国際線をつないで、スピーディーな物流を実現させたネットワーク「J LINK」[....]