<クロアチアクオリティー⑤>活〆・神経抜きを導入

2017年4月5日

 水揚げにはダイバーが1尾ずつ手作業でやさしく捕まえる。イケスを狭めたところで、マグロを両手で丁寧に抱え込み捕獲。水面近くまで下ろした角度の浅い滑り台のような足場に押し上げる。続いて、作業員がくいのような道具をマグロの額に打ち込み、ストレスを感じる暇もなく〆ることで、うま味成分が保たれる。船上に引き揚げ、胸ヒレの後ろをナイフで刺し、動脈を切断して血抜きをする。続いて眉間にパイプで穴を開けそこから針金を背骨沿いに突き刺し神経を破壊。死後硬直を遅らせる。[....]