<カツオ・マグロ特集>山下潤・日かつ漁協組合長/日本人乗組員問題

2016年8月4日

 今、日本人乗組員問題は遠洋マグロ漁業の存続にもつながる最大の懸案となっている。容易には出口の見つからない課題にどう向き合おうとしているのか、日かつ漁協の山下潤組合長に聞いた。

 山下組合長 最低限必要な船舶職員の不足で出航のめどが立たないという場合も出てきている。平均年齢も60歳に限りなく近く、60歳以上の乗組員は全体の半数を超えている。[....]