<「トップ引き」よ再び⑨/稼ぎ頭は「イカナゴ」>

2016年7月25日

福島県相双地域は3~5月にイカナゴ船びき網漁が盛んになる。イカナゴはサイズや地域で呼び名が変わる。当地では1~8センチをコウナゴ、10センチ以上をメロウドと呼ぶ。コウナゴは地元で塩干加工し、メロウドは養殖魚の餌として出荷していた。[....]