5年ぶり週末の恵方巻商戦、海鮮系や多様性強化へ

2018年1月26日

イトーヨーカ堂の「圧巻120種海鮮の豪華絵巻」などインスタ映えする海鮮巻きの強化が進む2018恵方巻商戦。

イトーヨーカ堂の「圧巻120種海鮮の豪華絵巻」などインスタ映えする海鮮巻きの強化が進む2018恵方巻商戦。

 今年の「節分」は2月3日の土曜日。日曜「節分」となった2013年以来、5年ぶりに週末と重なることもあり、主要スーパーやコンビニ各社が前年を上回る伸びを目指して開発した恵方巻ラインアップが出揃った。人気の海鮮具材はさらに強化が図られた一方、サラダ巻や肉巻などの拡張が試みられるなど、週末を意識して幅広い客層の取り込みを意識した品揃えが目立った。

 伸びが緩やかになっていた恵方巻商戦実績から「20%伸ばす」と強気なのは㈱イオン。昨年の一番人気だったミシュラン7年連続三つ星獲得の「鮨よしたけ」監修の恵方巻は、今年はさらにグレードアップを図り「『鮨よしたけ』監修 豪華海鮮太巻」として投入した。新メニューとして、JF全漁連のプライドフィッシュ7種類を北から南へ順に巻いた「日本のPRIDE海鮮太巻」を発売する。

 イトーヨーカ堂も、有名料理人による監修商品を強化。「鈴なり 村田店主監修焼きさばときんぴらごぼうの上恵方巻」など2種類を用意した。目玉の海鮮巻も具材15種類から20種類へ増強するなど磨きをかけた。[....]