4氏を委嘱、海上保安庁「海の安全アドバイザー」発足

2016年12月5日

委嘱状を手に記念撮影に収まる「海の安全アドバイザー」の4人

 海上保安庁は11月29日、同庁内で、効果的な海の安全推進活動を展開する制度、「海の安全アドバイザー」の委嘱式を行い、海の安全推進本部の徳永重典本部長が4人に委嘱状を手渡した。アドバイザーに就いたのは、小型船舶エンジンが専門の日本舶用機関整備協会の正一喜男業務部長ら。今後、海上保安官や関係者などを対象に、事故データを基にしたアドバイスや、専門分野の講演を行う。[....]