28年度道内冲底漁獲は史上最少の12万9000トン

2017年4月5日

 北海道機船連のまとめによると、平成28年(1~12月)の道内沖合底びき網船の漁獲量は、主力のスケソウ、ホッケの漁獲減が響き、前年比17%減の12万9160トンと、前年の史上最少記録を更新した。平均単価はキロ115円と前年並みの高水準を維持したが、金額は17%減の148億円と3年ぶりに減少に転じた。[....]