28年マグロ供給は5年連続30万トン、水産庁が予測

2017年3月21日

 水産庁は16日、2月末に開かれた平成28年度第4回まぐろ需給協議会(座長・婁小波東京海洋大学教授)によるマグロ需給見通しを発表した。それによると、28年の年間供給量は30万2000トンとなる見通しで、24年から5年連続で30万トンを維持した。国内生産はメバチの不漁が響いたとみられ前年割れの15万3000トン。輸入は増枠効果で、14万9000トンと予測した。[....]