21~23日にモスクワで北方四島安全操業交渉

2018年11月21日

 北方四島周辺水域の日本漁船の2019年の操業条件などを決める日ロ政府間協議および民間交渉(安全操業交渉)が21日~23日にモスクワで開催される。日本側からは北海道水産会の山崎峰男副会長をはじめ、北方四島周辺海域操業対策協議会の萬屋昭洋会長(JF羅臼漁協組合長)らが出席。オブザーバーとして水産庁、外務省、道庁も参加する。[....]