10月24日からIWC総会、政府代表捕鯨再開目指す

2016年9月29日

 国際捕鯨委員会(IWC)の第66回総会が10月24日から28日まで、スロベニアのポルトロージュで開かれる。主要議題は、日本の鯨類科学調査や沿岸小型捕鯨のほか、サンクチュアリ(鯨類保護区)など。森下丈二日本政府代表は、「今までの延長線ではなく、IWCの根本的を提起し、捕鯨再開を目指す」と語った。[....]