鮮魚も加工もニーズに応じ提供、香川・倉本水産に注目

2016年7月28日

 (有)倉本水産(香川県多度津町、倉本伊佐生社長)は、自社船13隻を保有し、この時期はハモのほか、マナガツオやタコなど天然魚で季節ごとに旬の地魚を提供。その日のうちに活魚や養殖魚、鮮魚を活魚車などで配送。鮮度を武器としてユーザーのニーズに応え、厚い信頼を集めている。[....]