魚介類自給率目標引き上げ64%、次期基本計へ水政審

2017年1月17日

 水産庁は16日、都内で水産政策審議会企画部会を開き、次期水産基本計画の水産物自給率目標として、平成39年度の目標案を提示した。提示したのは、魚介類全体が現在の目標から4ポイント高めた64%、食用魚介類は現行と同じ70%、海藻類は1ポイント高い74%とした。27年度実績からみて魚介類全体は11ポイント、食用魚介類は10ポイントアップを目指す。[....]