高田 稀代 氏(たかだ・まれしろ=丸水札幌中央水産(株)相談役)

2016年4月5日

4月3日午前9時30分ごろ、入院加療中のところ死去、79歳。

 通夜はきょう5日午後6時から、葬儀は6日午前11時から、いずれも札幌市中央区南30条西12丁目の博善斎場(電話011-533-1111)で、同社と高田家の合同葬で行われる。

 喪主は妻・昭子(あきこ)さん。

 葬儀委員長を同社の武藤修社長が務める。

 高田氏は昭和12年1月1日生まれ。同志社大学商卒、35年同社入社。塩干部長、専務取締役などを経て平成12年、代表取締役社長に就任。26年から相談役。

 全水卸理事、北海道市場協会副会長などを歴任し、市場流通業界の発展に貢献した。19年黄綬褒章を受章。