養殖高度化を支える/ファームチョイスの挑戦㊦

2020年1月22日

クリックで画像を大きく表示します

ブリのフィレー加工

 ファームチョイス㈱(内山義弘社長)天草事業部の本渡事業所や牛深事業所の養殖イケスから水揚げされたブリは船上で一尾ずつ活〆され、すぐに脱血して氷入りタンクに入れ、冷やし込みを開始。鮮度を維持したまま加工場に搬入する。

 加工場は、もともとブリ輸出のパイオニアとしてEU・HACCPなどさまざまな認証を取得して輸出していた㈱ブリミーの工場を活用している。今回、ファームチョイスとしては資産の買い取りだけで認証の引き継ぎはなかったため、輸出を行うには新たに認証を取得する必要があり、今後その準備を進めていく方針だ。[....]