養殖トラフグなど赤潮被害41万尾4~5億円、松浦市

2017年8月14日

 全国一のトラフグ養殖産地の松浦市鷹島、星鹿を中心にカレニアミキモトイ赤潮の被害が拡大、市水の調べによると、10日までにトラフグ35万7500尾、クロマグロ2825尾、ブリ類5万4500尾など、計41万8900尾が斃(へい)死、被害金額が4億~5億円に上ることが分かった。[....]