青森産ベビー使いおいしく6品、東京でほたて料理教室

2017年6月13日

青森ホタテを使って料理の腕を振るう主婦たち

青森ホタテを使って料理の腕を振るう主婦たち

 ホタテがいちばんおいしい6月に青森ほたてキャラバン隊「青森ほたて料理教室IN東京」(県ほたて流通振興協会主催、JF青森漁連など共催)が8、9日の両日、東京・渋谷のベターホーム料理教室で開かれた。「簡単でおいしいホタテ料理に挑戦してみませんか」の呼び掛けに抽選で選ばれた東京、神奈川、千葉、埼玉、長野在住の料理好きの女性48人が参加した。

 ミネラル豊富な水で育った海中のプランクトンを餌に甘みのある生貝を使って①ベビーホタテとひじきの炊き込みご飯②ベビーホタテのベーコンまき③ベビーホタテと大根のサラダ④ホタテと長いものかき揚げなどの6品の料理に挑戦した。

 「コメは、昨年から発売された青森県産の『青天の霹靂』、ナガイモは青森の七戸産を使用している」と、講師を務めた弘前在住の水嶋優子栄養士が説明。「脂肪分が少なく、高タンパクでアミノ酸が多く含まれ、栄養価も高い。生感覚を大事にするため、味付けを濃くしないこと」などと指導した。

 主婦たちは「とても新鮮。ホタテがこんなにおいしいとは」などと素材の素晴らしさを満喫の表情。[....]