霞ヶ浦などで「ナツワカ」解禁、道の駅でPRイベント

2016年7月21日

 茨城県の霞ヶ浦・北浦のワカサギ漁が21日、解禁。県や生産者は消費拡大に向け販促活動を行う。冬の魚として知られるワカサギだが、実は夏の時期は体長5~7センチと程よいサイズで骨まで食べられるのが特徴。「ナツワカ」と称して、帆びき船のポスターやチラシなどを作ってPRを展開する。[....]