震災後の売り上げ回復なお遅れ、水産庁加工業者調査

2017年3月1日

 水産庁が東日本大震災の被災5県の水産加工業者に行ったアンケート結果によると、生産能力が8割以上回復した事業者は58%だったのに対し、売り上げが8割以上回復した事業者は47%にとどまることが分かった。直面する復興の課題は、「販路の確保・風評被害」が31%、次いで「人材の確保」が26%、「原材料の確保」が25%と続いた。[....]