陸奥湾ホタテ数量も単価も好調維持、年11万トンも

2017年3月15日

 JF青森漁連によると、2月の陸奥湾産のホタテ水揚げは、成貝主体に前年同月比4%増の5213トンに伸びた。東湾地区の野辺地や横浜、むつなどで2月としてはハイペースな水揚げが進み、昨根に続いて5000トン台に到達した。北海道噴火湾産ホタテが大減産の見通しにある中、原貝価格は高水準で推移。2月単月の平均価格は44%高のキロ409円と400円台を突破した。[....]