開き用国産アジ原料ピンチ、人気サイズ薄く5割高に

2019年11月8日

 干物の代表格アジの国産原料が調達難に直面している。漁業情報サービスセンター(JAFIC)が集計した全国主要港の生鮮マアジの1~10月水揚げは、近年最低だった2018年の約9割。加工原料に適した脂の乗った魚はほとんどみられず、価格は全体平均でキロ200円を大きく超え、加工原料はそれ以上。干物生産量日本一の静岡・沼津の加工業者には手が出せない水準となっている。[....]