銚子の大國屋が操業70周年、サバなどHACCP認定

2018年5月22日

 銚子市の有力水産加工業・㈱大國屋(上條一夫代表取締役会長、上條一成代表取締役社長)が大日本水産会から、水産食品加工施設の対米国HACCP(危害要因分析重要管理点)認定を取得した。対象はサバ、イワシ、イナダ、サンマの冷凍品を製造する本社工場および第5工場。より「安全」「安心」な製品を国内外の取引先に安定的に届けることが可能となった。[....]