都内で「富山のさかな」の魅力を発信、富山県・JF富山など

2020年2月10日

クリックで画像を大きく表示します

名産のブリをPR。(㊧から)アンジェラ芽衣さん、石井知事、谷口シェフ、尾山会長

 富山県とJFグループ富山、JF富山漁連、富山県水産加工連は5日、東京・千代田区のザ・キャピトルホテル東急で「富山のさかなおもてなしフェア」を開催した。観光や地元食材を使った料理の紹介を通して、参加者に富山の魅力をPRした。

 富山県は北陸新幹線で東京から約2時間。豊かな漁場を誇る富山湾をもち、ブランド魚「ひみ寒ぶり」やベニズワイガニ「高志(こし)の紅(あか)ガニ」、富山湾の宝石と称されるシロエビなど豊かな水産資源に恵まれ、一年中旬の魚が獲れる。

 観光資源も豊富で黒部ダムや立山連峰などに加え、水産関連でも新湊漁港の昼のセリや北陸随一の水揚げを誇る氷見漁港の見学が人気で、前半の「おいしい魅力説明会」で動画や写真を使い富山の魅力を解説した。[....]